/ 最近 .rdf 追記 編集 設定 本棚

脳log[20170810]



2017年08月10日 (木) 俺は「面倒くさい」という言葉を、「無駄が多すぎてやる価値がない」「個人の注意力を試すかのようでミスをしやすい」「もっと楽で効率的なやり方を模索した方がいい」という文脈で使うんだけど、なんかただのわがままだと思われてるっぽい。心外である。そりゃあ、無駄なことはやりたくないというのは俺の価値観だし、無駄とみなしたのは俺の(間違ってるかもしれない)判断だし、俺は経営者じゃないし、それで行くってんならそれでいいですけどね。■自分が体を動かしたくないというのを理由にして面倒だとは言ってないつもりだったけど、今書いたものを読み返してみると「無駄だやりたくない楽をしたいむしろやらないで結果だけ欲しい」って書いてた。でもこれが正しい欲求に思えるんだよね。価値を生み出すのに本質的ではない部分は常にそう。仕事をしてはいけない>「パソコンにデータがあるのに手書きでフォームを埋めるとか嫌(20170315)」。みんなまじめなんだよ。まじめで一生懸命でどこも手を抜かないんだよ。俺にはない美徳。