/ 最近 .rdf 追記 設定 本棚

脳log[LS-WSGL: 2009-09-10~]



2009年09月10日 (木) [Vista] ごみ箱の詳細ペイン(ステータスバーの上の部分)は、名前が同じファイルを区別できていない。表示される情報が一種類だけ。

最終更新: 2011-04-09T17:30+0900

[LS-WSGL][VGF-WA1][Songbird] LinkStation Miniにプレイリストを置いて、VGF-WA1で再生。

プレイリストの書き方がわからなかったので実験した。MediaLibraryという共有フォルダをつくって、これをメディアサーバーの公開フォルダに設定している。これがフォルダ階層。

MediaLibrary
├Genre
│└Artist
│ └Album
│  └Title.mp3
├Playlists
│└pl1.m3u
└pl2.m3u

メディアサーバーのデータベースを Webインターフェイスから更新しただけでは VGF-WA1のメニューに素直に反映されなくて、VGF-WA1でブラウズしてるうちに項目が増えていって、いつのまにか「プレイリスト」メニューの下に pl1と pl2が表れていた(だから早々に駄目だと判断してはいけない)。

pl1.m3u に書いた中で再生可能だったのがこれら。

../Genre/Dido/no angel/06.THANK YOU.mp3
Genre/Dido/no angel/01.HERE WITH ME.mp3
MediaLibrary/Genre/Dido/no angel/05.ALL YOU WANT.mp3
/MediaLibrary/Genre/Dido/no angel/02.HUNTER.mp3

pl2.m3u で有効だったのはこれ。

Genre/Dido/no angel/01.HERE WITH ME.mp3
/MediaLibrary/Genre/Dido/no angel/02.HUNTER.mp3

実際のところ、引用符で囲ったもの以外は全て認識された。

試してないけど

../../../../../Dido/no angel/01.HERE WITH ME.mp3

とか

Dido/no angel/01.HERE WITH ME.mp3

とか書いても認識されそうな気が今はしてる。


VGF-WA1はプレイリストもシャッフル再生してくれる。リストの曲を全て再生すると、次のリストに移動する。良い。


 Songbirdでエクスポートしたプレイリストを LinkStation Miniに認識させるために。

 プレイリストの文字化け

Songbirdの Playlist Export Tool (ver.0.1.1.14)でプレイリストをエクスポートしたら文字が化けている。「KMKM :: Firefoxのjavascriptでローカルファイルにアクセスする方法まとめ」のやり方を丸コピしたら Shift_JISでも UTF-8でも化けずに書き出すことができた。試したのだが、LinkStation Miniの PVConnectは UTF-8の日本語パスを理解する。

 曲のパスの形式の違い

Songbirdでエクスポートしたままではリスト内の曲のパスが \\server\で始まるネットワークパスだが、このプレイリストはそのサーバー(NAS)に置くものなので相対パスに置換する。

 Case Sensitivity

Media Player Classicはプレイリスト内の曲を、エンコーディングの違い(Shift_JIS、Unicode)、パスの形式(ネットワークパスと(厳密な)相対パス)の違い関係なく再生してくれるが、LinkStation Miniは Songbirdがエクスポートしたプレイリストを一度も再生してくれていない。

最後の壁は Songbirdでエクスポートしたプレイリストに含まれるファイルパスの英字が全て小文字になってしまっていること。LinkStation Miniのメディアサーバーは大文字小文字を区別する。

Playlist Export Toolは特別な処理は行っていなくて、関連するのはこれだけ。itemLocというのが曲のパス。

var aaa1;
var itemLoc;
	aaa1=theMediaView.getItemByIndex(i).QueryInterface(Components.interfaces.sbILibraryResource);
	itemLoc=aaa1.getProperty(dataSource+"contentURL");
	if(nsIIOService.extractScheme(itemLoc)=="file"){
		itemLoc=nsIFileProtocolHandler.getFileFromURLSpec(itemLoc).path;
	}

どこで大文字小文字の情報が失われてしまったんだ……。(プロパティ:"http://songbirdnest.com/data/1.0#contentURL"の時点でもう失われているのだろう)


  • Playlist Export Toolのソースは LFと CRLFが混在している。
  • どういうわけかエクスポートするプレイリストを選ぶ画面で、すべてのプレイリストが二重化している。エクスポートされる内容は全く同じ。

Songbird (under Windows) saves filenames in the internal database as lower-case」なんて書いてる人もいるなあ。Windows限定でどうして情報を捨てるようなことをするのか。ネットワーク越しに、ディレクトリエントリを読むことで(二重苦)、スクリプトが反応してないよダイアログを出しつつも元のファイル名を復元することはできたけど、パスも復元しないと……。無駄だなあ。


でもやった > Songbird_PlaylistExportTool_0_1_1_14_utf8_encode_and_exact_path

サーバー名とその下の共有名は復元できなかった。それらは親ディレクトリがないから列挙するには別の方法が必要。どうせ相対パスにするときに置換されてしまう部分なのでこれ以上は知らない。


なぜ?なぜ VGF-WA1のプレイリストメニューに表れない? 数曲分、手書きしたときはうまくいったのに。

プレイリストのファイル名から日本語部分を削ったら見えた。でもこれは曲数を 6曲まで絞り込んだファイル。Songbirdからエクスポートした完全なプレイリストは再生できてない。曲数に上限があったり、NGワードがあったりするのか。


ファイルパスの 1つ前の行を削ったらその曲は見えるようになった。表示用のデータの扱いに問題でも?

#EXTINF:205,MAHO堂 - おジャ魔女でBAN^2 << この行
../Anime/[おジャ魔女どれみ] おジャ魔女でBAN^2 (MAHO堂).mp3

無効なファイルパスは無視してくれるから、あってもなくてもいい情報のために曲が見えなくなってるとは思わなかった。


長かった……。

 こうしておけば無難だということのリスト

  • プレイリストのファイル名に日本語を使わない。
  • 日本語を含むプレイリストは UTF-8で保存する。
  • プレイリストには音楽ファイルのパスしか書かない。
  • パスはプレイリストファイルからの相対パスにする。
  • パスの大文字小文字は忠実に守る。
本日のツッコミ(全3件) ツッコミを入れる

charlieはじめまして。 ちゃありいと申します。 用件だけ述べさせて頂きます。 Songbirdの Playlist Exp..

ds14050自分も HTMLや JavaScriptがわかるだけで XULはさっぱりですが、わかることなら。 Songbird..

charlieお忙しい中、お返事有難う御座いました。 メールで頂けるかと思ってこちらのチェックはしておりませんでした。 自己解決..


2009年01月29日 (木)

最終更新: 2013-03-10T03:39+0900

[][LS-WSGL][VGF-WA1] BUFFALO LinkStation RAID1対応 2.5インチHDD2ドライブ搭載 1.0TBモデル LS-WS1.0TGL/R1

パソコンが 二台以上になって以来、必要だと感じていた NASを手に入れた。電源の ON/OFFをスケジュールすることはできないし、PC連動機能(PCに常駐ソフトをインストールして、定期的に pingを送信することで NASを目覚めさせておく機能)は使わないが、普段の消費電力の小ささ(平均:10W、最大:13W)でそこは目をつぶる。

一番にやったのは mp3をごっそりコピーして、DLNAサーバーとして機能させること。LinkStationを手に入れてやっと、インターネットラジオ専用機となっていた VGF-WA1が本領を発揮している。

転送速度は 100Mbps前後で一定している。一応ギガビットLANなんだけど、ネックはケーブルかフレームサイズか HDDの読み書き速度か、あるいは LinkStationの CPUか。直付けの HDDよりはっきり遅いから、Media Player Classicは再生前にすべてのファイルにアクセスしているのだな(=ファイル数に比例して、なかなか再生が始まらない)、とか発見がある。

 DLNAクライアントとしての VGF-WA1への不満

 ブラウザで再生をコントロールしたい。

WebUIで一部の設定が可能にしたついでに、曲情報の表示と再生コントロールを可能にすれば良かった。そうすればさんざん要望されている画面付きリモコンの役を PSPが担うことができた。

 とりあえず音を出し続けて。

アルバムを再生し終わるたびに だんまり になるのが面倒くさい。そのたびに、再生ボタンを押すか、本体の画面をみながら次に再生したい曲を選ぶか、リモコンのフォルダ移動ボタンで次のアルバムを再生するかの操作を求められる。面倒くさい。デフォルトで次のアルバムを再生しようよ全曲リピートに。その他の動作は一曲リピート、アルバムリピートで指示できるだろうし。

操作を求められるたびに、インターネットラジオを再生するならこんな手間はない、と再生ソースを変更する誘惑に駆られる。

CDプレイヤー感覚でライブラリを扱わないで欲しい。ことに VGF-WA1は再生コントロールが貧弱(一度に 4行しか表示できない本体液晶。13ボタンのリモコン)なのだから、ユーザーの限られた選択肢から適切なデフォルトを選択するのも簡単だったでしょう。

次のファームウェアか次の機種に期待しています。

全曲リピートに しておくと希望通り隣のアルバムを再生してくれるみたい。(2013-03-09)