/ 最近 .rdf 追記 設定 本棚

脳log[読: 2009-02-18~]



2009年02月18日 (水) 未読リストが『NEXT』だけになってしまった。このリストはもう伸びないんだよね……。

[] [単行本] マイクル・クライトン 【恐怖の存在 (下) (ハヤカワ・ノヴェルズ)】 早川書房

地球温暖化問題に異議を唱える本、という認識を持っていた。読んでみたら確かにその通り。かといって化石燃料の消費を助長する内容でもない。環境問題が論じられるところに科学が存在しないことを憂えている。また、環境保護=善(無条件に実行すべきこと)でもなくて、デメリットやコストを考慮してメリットを上回ることを確かめなければいけない、とも(具体例は読んでください。フロンや DDTの使用禁止にも考慮すべきデメリットがあるそうです)。温暖化・環境問題を「常識」として知っている人は、バランスをとるために是非とも読むべき。

訳者あとがきに、関連する複数の書籍への言及がある。知ってる人は知っていることなんだろう。(待っていても、TVのニュースからでは絶対に聞けない意見だろうけど。あるいはこちらの方で、そういう、環境保護に異論を唱える人に対して、うさんくさい人(産業界のまわし者)フィルターをかけてしまって、耳を塞いでいた可能性もある)

読んでいて、少し前に読んだ[文庫] サイモン シン 【宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)】 新潮社を思い出した。こちらは宇宙論の歴史を題材に《科学的方法》の意義を啓蒙する本だった。奇しくも、クライトンの本にも引用と共にカール・セーガンの名前がでてくる。


2006年06月11日 (日)

[][][文庫] ジェイムズ・P・ホーガン, 池 央耿 【星を継ぐもの (創元SF文庫)】 東京創元社

月面で一体の死体が発見された。人間と同じ姿ながら、5万年前に死んでいる彼は地球人ではありえない。だが別々に進化したにしては両者は似すぎている。彼は宇宙人なのか地球人なのか。

世紀の発見に沸く地球。様々な分野の科学者集団が一つの死体にアリのように群がり、たちどころに、とはいかないけれど少しずつ、時には意見を対立させながら謎を明らかにしていく過程の興奮すること!

ところが小骨がひとつ引っ掛かっていて、チャーリー(件の死体)の手記にこうある。

「ミネルヴァはどうなったろうか。この禍いの後、果たしてわれわれの子孫はより恵まれた場所で生き延びるだろうか。もし生き延びたとしたら、彼らはわれわれが何をしたか、いくらかでも理解するだろうか。」(206ページ)

これを読んだとき「星を継ぐもの」というタイトルの意味がわかった気がしたし、実際に結末ではそういう結論だったのだけど、その事実と結論された事柄はこの手記を書き残してすぐに死んでしまったチャーリーには知り得ないことのはずなのだが。

「彼らはわれわれが何をしたか、いくらかでも理解するだろうか。」という部分から、チャーリーたちルナリアンが「より恵まれた場所で生き延びる」ために何らかの行動を起こしたのだと思っていたし、実際にルナリアンは死にゆく自分たちの星から脱出するために惑星間の移住計画を推進していたのだからチャーリーの手記に間違いはなく思える。

だが、チャーリーがこの手記を書いている状況を考えると違ってくる。 チャーリーがこれを書いているのは自分が死ぬ寸前のことであり、その原因は対立する二国間の戦争(星の危機に際して戦争!)による破壊だとしたら? チャーリーの敵国はチャーリーの居た月面の基地を破壊したが、チャーリーたちもまた自らの星に存在する敵基地を攻撃して破壊している。

移住計画実現の見通しも立たないうちに始まった、母星を小惑星帯に変え、自らを絶滅に至らしめる戦争のさなかにあっては、あまりにも希望と空想に満ちたメッセージじゃないか。


2006年04月18日 (火)

[][マンガ]古谷 実 『シガテラ』(全6巻) 読んだ

いじめられっ子の荻野くんに綺麗な彼女ができた。二人は相思相愛で、思わず「幸せだ」と口にしてしまうほど幸せな高校生活。荻野の悩みや考えに共感できるから、読んでる自分も二人の関係を壊したくないと思っている。

なのに、一巻から六巻まで読んでて緊張の連続。古谷 実はこの幸せな二人に何度も何度も執拗に悪意をぶつけてくる。二人の幸せの何と危うく儚いものか。それでも一線を越えることはなく二人の関係は六巻まで壊れずに続く。

最終話。荻野は社会人になっている。彼女(南雲さん)が全てのように感じていたこともある荻野だが、南雲とはとうに別れており現在は違う女性と交際中。妊娠中だという南雲の姿を想像しつつも現在の彼女に愛してるという荻野に南雲への未練はなく、(最終マイナス一)話まで感じさせていた、南雲さんを失ったらこいつ壊れんじゃないの、ってな危うさももうない。荻野は成長していたのだ。

シガテラと違い、救われないエンドの 安達哲『さくらの唄』を先に読んでしまった人に勧めておく。


2005年12月18日 (日)

[][][文庫] 葉山 透 【ニライカナイをさがして (富士見ミステリー文庫)】 富士見書房

9Sの 1巻に続いて読む葉山透の本、二冊目は『ニライカナイをさがして』。

偶々空港の近くで出会った普通の男子高校生と、同じく高校生だけど超人気アイドルのリカ。「なにをじろじろ見てるのよ?」。二人の力関係は彼女のこの第一声からも決定されていて、気の強いアイドルに引っ張られるまま抵抗空しく沖縄へ連行される冴えない少年。そして始まる沖縄二人旅行。

いやもう楽しかった。少年と一緒にリカに引っ張り回されて楽しんだ。高飛車で強引で唯我独尊だけど素直なところやしおらしいところもあって憎めないから、リカが表情をくるくる変化させても楽しんで振り回されることができる。

最終章で明かされる少年の設定はそれまでのストーリーとの絡みもなく唐突で、話も大きすぎて現実味がないのだけど……。世の普通の男の子に夢を見させてはくれないのですか?

あと、ソフトウェアにバックドアを仕込んでたことと、それを利用してユーザーの情報(現住所)を引き出したことがバレたら逮捕されない?

葉山 透は女性っぽいと思ったんだけどどうなんだろ?記述が見つからない。


2005年12月11日 (日)

[][][文庫] 友桐 夏 【春待ちの姫君たち―リリカル・ミステリー (コバルト文庫)】 集英社

緊張感にゾクゾクした。最後まで、ぼんやり読むことを許してくれなかった。


2005年12月06日 (火)

[][][単行本] J.K. ローリング, J.K. Rowling 【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)】 静山社

面白かった。

章が細かく分かれてるので適当に区切りながら読めて読み進めやすい。一、二作目と同じフォーマットで書かれてて先の見通しが立つので、やっぱり読みやすい。

一作目で、怪しい怪しいと疑われながら実は黒幕ではなかったスネイプ先生には、「生徒に甘くて人気だけはあるけど底の浅い先生と対比されるような、殆どの生徒には嫌われるけど本質を見抜く一部の優秀な生徒には信頼される先生」というキャラクターを密かに期待してたんだけど、三作目を読んでみるとそうではないね。

今回の話で(というか以前からそうなんだけど)スネイプ先生は、他人の話に耳を貸さず真実を知ろうとしない、ハリーに直接関係のない恨みからハリーを目の敵にする、肝心なときに気を失ってたくせに手柄を独り占めしようとする、けれどハリー達には敵わずどれもうまくいかない。

スネイプ先生は、子供達からけちょんけちょんに嫌われて、ハリー達に出し抜かれることで爽快感を提供する、バイキンマンのようでいてバイキンマンほど愛されてはいない せこい小悪党に過ぎないみたい。(勝手に期待しといてなんだけど) がっかりですよ。


2005年11月21日 (月)

[][][新書] 西尾 維新 【ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)】 講談社

萌えがパワーアップしとる〜。って、萌えはもういいか。ニュースで萌え系って言葉が使われ出してからは言ってて(書いてて)空しい。

だけどこの巻の魅力の半分が崩子ちゃんに依ってるのも事実。愛してるって言って欲しくて身振りでおねだりする犬っこ萌え(寒)。


2005年11月17日 (木)

[][][文庫] 高殿 円 【そのとき鋼は砕かれた (ビーンズ文庫)】 角川書店

旅の醍醐味、カルチャーショックを二度も体験できる今回のお話。本文も著者紹介文も後書きも、例によって例の高殿さんでした (満足)。


2005年11月15日 (火)

[][][文庫] 川上 亮, 森橋 ビンゴ, 緋野 莉月 【青春時計 (富士見ミステリー文庫)】 富士見書房

うはー、青春だー。

三人の著者がそれぞれ一人の視点を分担して書いた、ちょっと変わった試みの本。三つの視点から一つの青い話を、じっくり、たっぷり、ねぶりつくせる、おいしいシステムになっております。

この本の余勢を駆って、『三月、七日』(著:森橋ビンゴ) はもう読んだから『僕らA.I.』(著:川上 亮) をチェック。白いほうの乙一が書きそうとか言われてて期待。


2005年11月11日 (金)

[][][文庫] 高殿 円 【そのとき翼は舞い降りた (角川ビーンズ文庫)】 角川書店

銃姫から流れてきました。

ギャグを交えながら軽快に進んでいくんだけど、何か物足りない。熱いものとか、黒く澱んだ怨念とか。だけど三角関係はあった。男と女が男を取り合う(一般的には)中心のずれた三角だったけど。価値観の反転みたいなのもありそう。(プルートに自分の根底を揺るがされたアンブローシアが心配です)


2005年11月09日 (水)

[][][文庫] 山形 石雄 【戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)】 集英社

最高だよ。見事なラストだった。爆弾の恋は250年の時を超えた。

雰囲気は銃姫に近いものを思わせる。世界には魔法があり、神の遺した武器があり、『本』を管理する武装司書なる職の人が存在し、我らが主人公の、恋する爆弾ことコリオ=トニスは悪の教団の鉄砲玉として洗脳されている。そして爆弾が恋をした相手は、『本』の中で蜘蛛を象った禍々しい剣を手に戦う少女。

もうね、248ページからが最高に素晴らしい。現在と過去が絡まり合って収束していく様の気持ちいいこと。

本書最大の失点は、『本』の中の少女、まだら色の髪の三毛ボン、もといシロン=ブーヤコーニッシュをカバーに配置しなかったこと。右胸にうさちゃんの刺繍をいれて取り繕ってみても、そばかすのおばちゃんはおばちゃんです。


2005年11月07日 (月)

[][][文庫] ジャック ケッチャム 【隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)】 扶桑社

初ケッチャム。名前を知ったのは 第14回 ちょっと黒すぎる夏——原作:佐木飛朗斗 漫画:桑原真也『R−16』(ニュースな本棚・水曜日・マンガばかり読んでるとバカになる/スズキトモユ)。

期待通りの痛さ。それでもデイヴィッド少年の存在によってグロさだけを売りにした話に終わってない。それにアマゾンのカスタマーレビューによればこれは実話を下敷きにしているらしい。実際にあった事件なのだ。そしてケッチャムは小説の最後で手心を加えている、とも。(ノンフィクションだったら単なるグロ話に終始し、最後のちょっとした救いも読者には与えられなかったわけだ)

ケッチャム作品と実話(HIGH TOONED SON OF A BITCH!)


2005年11月05日 (土)

[][][文庫] 有川 浩 【塩の街―wish on my precious (電撃文庫)】 メディアワークス

一章、二章を読んで オムニバス・いい話 なのかと思ったら三章から主役二人のストーリーが動き始めた。曖昧だった世界が急に具体的になり、自衛隊、戦闘機、「大人」などが出てくる話に変わる。二章で投げなくてよかった。